ヘッドライン


【クラシックカメラ】オートコード”前夜”の短命なカメラ、

401: 名無しのパシャ 2018/11/22(木) 07:13:28.92 ID:38VLskkr

気が向いたのでうp
オートコード”前夜”の短命なカメラ、 `55年製 「ミノルタコード オートマット」
no title

ミノルタ二眼レフ史上で劇的な進化
・フィルム巻き取り順を上→下に変更してフィルム平面性を向上
・オートマット化 (シャッターのセルフコッキング、二重露出防止)
これらふたつの改良により、ミノルタ製二眼レフとしてほぼ完成域に達した

この機種の半年後に名機”ミノルタオートコード”が発表されたため、あまり日の目を見ることのなく終わった実験機的な位置づけのカメラ
ちなみに後のオートコードになって進化した部分は、シチズンラピッド(1/300sec.) → シチズンMXV(1/400sec)による高速化と、ダルマ上部に絞り値/シャッター値の表示窓がついたことぐらい

今回、貼り革をローライフレックス4.0FW互換のものに換え、ストラップを新調した
no title

405: 名無しのパシャ 2018/11/22(木) 19:15:42.84 ID:hexACoGV

>>401
ありがとう
短命なカメラ、というのはなんか物語性があっていいですね
自分は1954年製のミノルタフレックスIIIを所有しているんですが、それの一年後に登場ですか
レンズは同じっぽいけど直系の子孫ではないんですよね

底部のほうにヒンジがみえているので、蓋は上から下へ向かってカパッと開くわけですね
フィルムの送り方向が上下逆だからそうなるのか

貼革の交換、素敵ですね 切り抜き方が綺麗
見習いつつ自分も近々貼り換えます

407: 名無しのパシャ 2018/11/23(金) 01:46:17.76 ID:KUwr7AaT

>>405
貼り革は5方向からデジタル撮影したものを拡大出力して、革を切る際の定規として使った (裏蓋のみ一部現物合わせ)
ミノルタ二眼の側面両サイドは、一見すると平面に見えるけど意外と凸凹してて、革のフチを薄く削ったりしないと見映えが悪い
国内で流通してるカメラ用の人工レザーは薄いものばかりだから、そのまま貼るとエッヂ部分が波打つので工夫が必要だね

これが’60年代のカメラだと革の収まり深さが各社とも均一になって、市販のレザーでも波打ちなど気にせずカットするだけで貼れるのが有り難い

418: 名無しのパシャ 2018/12/05(水) 22:22:20.09 ID:m0cG0KVC
>>407
オートマットじゃないからミノルタコードに急遽変えたそうだ
OMのM1みたいな感じかね

419: 名無しのパシャ 2018/12/05(水) 23:11:37.60 ID:HzUKeDUs
>>418
なるほどね、そうゆう経緯なら納得

409: 名無しのパシャ 2018/11/23(金) 09:25:52.70 ID:z3V5UviC
>>401
オートマット化して無いぞ
セルフコッキングと二重露出防止はオートマットの機能じゃない
嘘はいかん

402: 名無しのパシャ 2018/11/22(木) 10:08:44.51 ID:OaCxty/M
ミノルタコードじゃないね
シャッターは違うのから取ったか銘板だけ移植かね?
距離指標ないのがジャンク感があっていいね

403: 名無しのパシャ 2018/11/22(木) 10:10:23.36 ID:OaCxty/M
ミノルタコードじゃ無いね☓
オートコードじゃ無いね

404: 名無しのパシャ 2018/11/22(木) 15:39:05.54 ID:38VLskkr
ミノルタコードの発展型だから、この時期シャッターはラピッドV付でいいような気がする
距離レバーが折れたので振り子付け直したけど、フィート表示だし指標板は外しちゃったよ

406: 名無しのパシャ 2018/11/22(木) 22:52:50.68 ID:AoQeqqq6

>>404
文章に400文の1が乗ってたから勘違いしたわ

オートマット名乗ったけどオートマットじゃなかったから速攻で改名したんかな

407: 名無しのパシャ 2018/11/23(金) 01:46:17.76 ID:KUwr7AaT
>>406
「オートマット」の定義が各社マチマチだから何とも言えんけど、正式名が「ミノルタコード オートマット」だと長すぎて、カメラ雑誌の安売り一覧表の枠に収めるには窮屈だったんじゃないかな
せっかくダイキャストまで変えたフルモデルチェンジだったけど、心機一転「オートコード」と命名された時点で、「ミノルタコード オートマット」の役割は終わったんだと思う

408: 名無しのパシャ 2018/11/23(金) 08:47:46.66 ID:z3V5UviC
オートマットは昔から明確な定義があったよ
中華アクションカムの宣伝文句の4kとかのHDと同じで当時のハッタリみたいなもん
酷いと巻度目式でもオートマット名乗ってる機種があるからね

410: 名無しのパシャ 2018/11/23(金) 09:48:46.64 ID:lPVLTS87
(;´-`).。oO( まーためんどう臭いのきたな。。。 )

411: 名無しのパシャ 2018/11/23(金) 16:09:38.56 ID:TP3/D0cu
同じ登場年というつながりで、アルペンフレックスというのを紹介してみる
これは八陽光学というメーカーのZ型で1955年製
Z型が出てすぐ倒産してしまったらしいので、「短命なカメラ」という意味でもミノルタコードオートマットと
類似している
no title

412: 名無しのパシャ 2018/11/23(金) 16:23:44.86 ID:TP3/D0cu

このメーカー、日本光学の工場と技術者が独立して出来たという経緯がある
なので、品質は要するにニコンのカメラと同等(?)ということで好評だったらしい

その一年前の1954年に、同じく二眼レフのアルペンMO型というのを出していてそれが19,500円だった
で、Z型は少しスペック向上しているのに13,000円で発売された
かなりの戦略的低価格だったわけだけど、リコーフレックスとかあったし・・・

413: 名無しのパシャ 2018/11/23(金) 16:42:24.25 ID:TP3/D0cu
Wikiのオートマット項には、ミノルタコードオートマットは該当するって書いてあるね

416: 名無しのパシャ 2018/11/25(日) 13:13:59.04 ID:DO5HiQ/g

このアルペンフレックスの銘板なんだけど、最終のZ型だけ上辺に2個の突起っぽいデザインがあしらわれている
のが特徴だ それ以前のモデルだとその部分は普通に水平になっているのでわかりやすい
会社が長野県の塩尻ということで、アルプスの山々をイメージした造形だそうだ

カウンターリセットは手動で、2個のボタン同時押しで行う一般的なやつなんだけど、その戻りの感触がなかなか
いいかんじで好ましい
個人的に手動カウンターリセット方式が好きで、そういう機種ばかり集まってしまう

417: 名無しのパシャ 2018/12/01(土) 15:23:02.74 ID:keiX8dJ/
1950年代初期の国産レンズシャッター機だと、まだM・F接点がメインの時代だから、現代のストロボ使えないのが不便(‘A`)
たまにKonica2でストロボ撮影したくなる衝動に駆られる・・

420: 名無しのパシャ 2018/12/08(土) 17:40:01.14 ID:h+tKZB7B
>>417
AとかB-mならx接点有ったからそっちにするか
切り替えの出来るストロボ探すか
ディレイ装置作れば使えるんじゃない

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/camera/1523361780/ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする